BBクリームの知識

BBクリームでニキビ跡を隠せるの?隠す手順も紹介します

投稿日:

 

「ニキビ跡が目立つので何とかしたい…」

「BBクリームでニキビ跡って隠すことって可能なの?」

そんなことをあなたは思っていませんか?
カバー力が高いことで知られているBBクリーム。
BBクリームはニキビの跡も隠すことが可能なのでしょうか?

結論から言うと、BBクリームでニキビ跡を隠すことが可能です。

今回はそのことについてお話したいと思います。

BBクリームって何?

そもそもBBクリームとは何なのでしょうか。
そのことについて解説していきます。

「ブラミッシュバーム」の略称、BBクリームはドイツ生まれ!

元々はドイツの美容医療の現場で生まれた「ブラミッシュバーム」というクリームの略称がBBクリームです。
肌のキズや欠点を補うことを目的として誕生し、レーザー治療の跡や肌荒れを隠すために使用されていました。
仕上がりの自然さよりもカバー力を重視して作られたため、普通のファンデーションと違い、
オークルや肌色とは異なる、グレーを帯びた暗めの色をしています。

美容大国、韓国で大ブームに

美容大国の韓国にBBクリームが伝わり、その後大ブームに!
近年発売されているBBクリームは、1本でスキンケアからメイクまでを叶える、
多機能でお肌に優しいメイクアイテムを指すことが多いですね。

ニキビ跡はBBクリームで隠せるの?

前述のとおり肌のキズや欠点を隠すために作られたものです。
ですので他のコスメに比べてもカバー力が高いのが特徴です。
ニキビ跡も十分隠すことが可能です。

カバーしたい部分が多いなら、むしろBBクリームがおすすめ!

BBクリームでニキビ跡を隠すことは可能です!
色素沈着をおこしているニキビ跡や、まだ赤みを帯びているものも隠すことができます。
シミやニキビ跡、顔のキズなど、カバーしたい部分が多い方にはBBクリームがおすすめ。
ファンデーションのあとにコンシーラーを重ねる必要もないので、肌への負担も少ないのがうれしいですね!

BBクリームの他にコンシーラーやフェイスパウダーは必要?

それではBBクリームの他にはコンシーラーやフェイスパウダーは必要なのでしょうか。

コンシーラーは必要なし!

BBクリームは下地、ファンデーション、コンシーラーのすべての役割を兼ね備えている場合が多いので、
BBクリームのあとにわざわざコンシーラーを足す必要はありません。
BBクリームを重ねることにより、しっかりカバーできます。

フェイスパウダーはお好みで!

BBクリームのあとのフェイスパウダーは必ずしも必要ではありません。
しかしフェイスパウダーは、BBクリームに含まれる油分と、自身から出る皮脂を吸着してくれる働きがあるので、
化粧崩れを防止し、サラッとした仕上がりをキープしてくれます。
サラッとした仕上がりがお好みであれば使用してください。

ニキビ跡を隠す手順を紹介

①  洗顔

まずは洗顔をして皮脂や汚れを綺麗に落としましょう。

②  化粧下地

続いては化粧下地になります。

SPFの入った、日焼け止めも兼ねているものがおすすめ!

化粧下地にはSPFの入ったものが多いため、肌を紫外線から守ってくれる働きがあります。
紫外線はシミやそばかすの原因になるだけではなく、肌の乾燥を招きます。
肌が乾燥すると、乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌され、化粧崩れにつながるので注意しましょう。

色のついたコントロールカラー下地で仕上がりに差がつく!

化粧下地にピンクやベージュの色がついたものであれば、素肌のくすみを飛ばし、肌のトーンを上げてくれる働きもあります。
各メーカから、ピンクやベージュ以外にもパープルやグリーンなど、様々な色が発売されています。
くすんだ肌や糖化による黄色っぽい肌など、ご自身の肌悩みに適した色の下地を選びましょう!

③  BBクリーム

ここでBBクリームを使用します。

厚塗りに注意、少しずつ伸ばして!

BBクリームは色の濃いものが多いので、塗りすぎに注意しましょう。
まずは顔全体に薄めに塗布し、そのあとにカバーしたいところに重ねていきます。
顔の輪郭付近までしっかり塗ってしまうと、首との境目がはっきりし、厚塗り感が出てしまうため、
鼻を中心とした逆三角のラインを意識し、外側まで塗りすぎないようにしましょう。
塗り方は、頬に置いたBBクリームを外に伸ばしていくイメージで。
鼻や額の中心は皮脂が出やすいゾーンなので、厚く塗るとテカリや皮脂崩れを招きます。
指に残ったものを使うくらいのイメージでOKです。

重ね塗りは叩き込むように!

そのあと、ニキビ跡の部分、カバーしたい部分に重ねて塗布します。
指を滑らせるのではなく、叩き込むようにポンポンと重ね、まわりと色がなじむよう気を付けながら塗布します。
顔全体のバランスを見ながら、一部分だけ塗りすぎにならないように気を付けましょう。

④ フェイスパウダー

必ずし必要ではありませんが、肌表面をサラッとさせ、皮脂による化粧崩れを防ぐために使用します。
様々な種類のフェイスパウダーがありますが、BBクリーム自体の色がしっかりしていることが多いため、
フェイスパウダーはあまり色のつかないルーセントタイプがおすすめ。
ブラシだとムラになってつきやすいので、大きめのパフでつけるようにしょう。
まずは頬や額などの面の大きいところから、おさえるようにしてパウダーをのせていきます。
そのあと輪郭、最後にパフを半分に折り、パフの先端で、小鼻や鼻の下、目頭などの細かいところをおさえます。
皮脂を吸着し、肌表面をサラッとさせることが目的のため、パウダーは多めにつけても大丈夫。
最後に大きめのブラシで顔全体をなでるようにして、余分なパウダーをはらいます。

肌への負担を減らすならBBクリームの代わりにファンデーションがおすすめ

肌の負担を減らすならBBクリームの代わりにファンデーションという選択もあります。

1本で完了!多機能なBBクリームで重ね塗りの負担からサヨナラ!

仕上がり重視であれば、BBクリーム使用でも、化粧下地、フェイスパウダーの3点の使用がおすすめですが、
敏感肌の方や、肌が敏感になる季節の変わり目など、なるべく肌の負担を減らしたいならば、BBクリームのみの使用でもOK!
1本でメイクが完了するので、何度も肌に触る必要がなく、摩擦による肌の負担も軽減できます。

BBクリームの多機能

・日焼け止め(SPF表示のあるもの)

・化粧下地

・ファンデーション

・コンシーラー

・フェイスパウダー(皮脂を吸着する成分が入っているもの)

・スキンケア(保湿成分、スキンケア作用の表示のあるもの)

ニキビ跡の付近にニキビができているけどBBクリームで隠して大丈夫?

新しくできたニキビも、つぶさなければニキビの上にBBクリームを重ねても大丈夫です。
指でつけるのが心配であれば、リップブラシのような小さなブラシで優しく重ねるのもおすすめです。

さいごに

多機能が魅力のBBクリームは、しっかりカバーしたい人にも、敏感肌でファンデーションがあまり使えない人にも、
使い方次第でどちらの目的でも使うことができる万能なクリームです。
各メーカから様々な種類が発売されていますので、自分にぴったりのBBクリームを見つけて、
肌悩みと上手に付き合っていきましょうね!

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.