BBクリームの知識

BBクリームとCCクリームとDDクリームの違いは?EEクリームもあるの?

投稿日:

 

「BBクリームとCCクリームってどう違うの?」

「BBクリームやCCクリームの効果の違いがよく分からない」

「BB、CC、DD、EEクリームの特徴をそれぞれ教えてほしい…」

なんてあなたは思ってはいませんか?
BBクリームやCCクリームは有名ですが、今ではDDクリームやEEクリームまで販売されています。
でもそれぞれの特徴ってイマイチ分かりづらいですよね。
ということで今回は、BB、CC、DD、EEクリームの違いについて記事にしてみました。
是非チェックしてみてくださいね。

BBクリームって何?

BBクリームとは、Blemish Balmの略で、皮膚の欠点や傷を補うといった意味があります。
元々は美容形成外科のピーリング施術の後に、肌を鎮静して保護するために開発されたクリームです。
それが肌にとって非常に良いという事で、化粧下地やファンデーションの代わりとして活用できるように開発されたのです。

BBクリームのメリットとは?

ではBBクリームのメリットとは何でしょうか?
そのことについて挙げてみたいと思います。

下地が要らない

肌の色ムラを整える働きがあるので、化粧下地が必要ありません。
化粧下地、日焼け止め、ファンデーションと何層にも重ね塗りする事によって、時間が経過した時にメイクがヨレたり、テカリやすくなったり、おばさん臭いメイクになってしまいがちです。
それが多機能なBBクリームを活用する事によって改善されるので、ナチュラルメイクを目指している方は是非BBクリームを活用していきましょう。

ファンデーションの役割もある

BBクリームは、ファンデーションの機能も備えています。
クリームタイプなのに、浸け心地はサラリとしていて化粧崩れしにくいといったメリットがあります。

カバー力がある

コンシーラーの機能も備えているので、シミや顔の色ムラが気になる人には大変お勧めのアイテムです。
シミをコンシーラーのポイントメイクで隠したとしても、メイクがヨレたり、コンシーラーを浸けた部分だけ色浮きする可能性があるので、ベースメイクを均一に仕上げたい時にはBBクリームを活用するとよいでしょう。

1本で何役もこなすので手軽

最新に開発されているBBクリームは、

・美容効果

・化粧下地

・ファンデーション

・コンシーラー

・日焼け止め

といった風に1本でオールマイティーにベースメイクを叶えてくれるので、朝メイクの時間が取れない人や、オイリー肌の人や汗をかくのでメイクを何度もやり直す必要がある人、顔のシミや色ムラが気になる人には大変お勧めのアイテムです。

時短メイクが可能

朝のスキンケアのローション、美容液もしくは乳液の後にこれだけ浸ければOKなので、朝メイクに時間がかけられない人のお助けアイテムとして高い人気を呼んでいます。

マット感がある仕上がりに

クリームタイプなのに仕上がり感はマットな感じなので、海外モデルみたいなメイクに近づけます。
シミや色ムラを隠そうとして厚塗りになってしまうとそれだけで老け顔を招いてしまうので、薄化粧が叶うBBクリームは、年齢が気になる方には是非活用してほしいアイテムです。

メイクの初心者におすすめ

化粧下地で肌を整えたり、コンシーラーでシミを隠したり、日焼け止めを重ね塗りしたりといった風に、いろいろなアイテムを使いこなせなくてもBBクリームひと塗りでベースメイクが叶うので、メイク初心者さんや不器用な方には大変お勧めのアイテムです。

BBクリームのデメリットとは?

ではBBクリームのデメリットとは何でしょうか。

色の種類が少ない

色の種類が少なく、どちらかというとベージュや濃いめのカラーが多いので、色白肌や顔の彫りが深い方が使用すると、暗いイメージに仕上がってしまうといったリスクがあるようです。
BBクリームを活用する前にサンプルで試してみたり、様々なメーカーの商品を比較しながら、自分の肌のトーンにマッチした物をセレクトしていきましょう。

べたつきがある

クリームタイプで美容成分や日焼け止め成分も配合されているので、ベタ付きを感じる事もあります。

オイリー肌は崩れやすい

リキッドファンデーションに比べてクリームタイプの方が、油分を多く含みます。
さらにBBクリームはカバー力が非常に高いので、毛穴もしっかり塞いでしまう事によって、皮脂の分泌が活発化してしまいます。
それで化粧崩れしやすくなるので、オイリー肌の人は同じBBクリームを使用する時でも、成分に油分の少ない物を選ぶようにしましょう。

肌に馴染ませにくいものがある

BBクリームもメーカーによって種類はいろいろですが、伸びがよくてナチュラルな仕上がりになる物と伸びが悪い物とあります。
伸びが良いテクスチャーを選ぶことが肌馴染みをよくするコツです。
基本的にコントロールカラーやファンデーションと混ぜても馴染みにくいので、仕上がり感を明るく見せたい時には、BBクリームを塗る前に明るめのコントロールカラーを使用するか、BBクリームをやめてCCクリームを活用するようにしましょう。

敏感肌には肌トラブルの原因になる場合がある

BBクリームには、日焼け止め効果やコンシーラーの機能もついています。
中にはSPF50、PA++++といった風に紫外線防止効果成分を最強レベルに配合している物もあります。
日焼け止め防止効果が高いBBクリームには紫外線吸収剤を使用しているので、敏感肌の方には刺激が強すぎる場合もあります。
無添加成分のBBクリームもあるのですが、そうなると今度はカバー力が落ちてくるので、ファンデーションを別に使用しないと美しく仕上がらない場合があります。

厚塗り感がある

カバー力があるのでシミや色むらを隠したり凹凸を目立たなくするには適していますが、顔全体をしっかりと覆うようなメイクに仕上がってしまうので透明感のある仕上がりは期待できません。

BBクリームがおすすめの人はどういう人?

・時短メイク派
・化粧直しを頻繁に行う人
・シミや色ムラをカバーしたい人
・メイクビギナー

CCクリームって何?

CCクリームは、Color Control Cream(カラーコントロールクリーム)もしくはComplete Corection Cream(コンプリートコレクションクリーム)の略です。
コンプリートには、仕上げる、整えるといった意味があります。
BBクリームがシミや色ムラといった皮膚の欠点をカバーするのに比べると、CCクリームは皮膚の欠点をカモフラージュするといった効果があります。

CCクリームのメリットとは?

CCクリームのメリットとは何でしょうか。

自然な仕上がり

完全に肌をカバーしないので、透明感を保ちながら肌のトーを均一に整える働きがあります。
色白肌や加齢により顔が疲れて見られがちな人、肌のトーンをより明るく見せたい人にお勧めのアイテムです。

肌の色ムラを消してくれる

CCクリームのカラーは、ホワイト系もしくは明るいベージュ系がメインです。
だから塗るとシミや肌の色ムラを目立たなくさせる効果があります。
頬の血色を残せるぐらいに薄く塗れるので、すっぴん風メイクを目指している方にはもってこいのアイテムです。
もしもCCクリームだけでカバー力が足りないと感じるのであれば、事前にホワイト系や明るめのパープル系、ブルー系のコントロールカラーで整えておいた上からCCクリームを重ね塗りすると、いつもの自分の肌色よりワントーン明るめのメイクに仕上げる事が出来ます。

保湿力があるので乾燥肌の人におすすめ

CCクリームの多くには、保湿成分やアンチエイジング成分などが多く含まれています。
だからメイク前に美容クリームを重ね塗りしなくても良い分、薄化粧が叶うのです。

CCクリームのデメリットとは?

CCクリームのデメリットになります。

CCクリームだけではカバー力が弱い

白浮きする場合もある

CCクリームがおすすめの人はどういう人

・肌をワントーン明るく見せたい人
・すっぴん風メイクに仕上げたい人
・下地で保湿効果を高めたい人

BBクリームとCCクリームの違いまとめ

 

BBクリーム

CCクリーム

カバー力コンシーラー効果がある透明感のある仕上がり
時短メイクこれ1つでもOK下地機能が高いので他のアイテムとの重ね塗りをした方がベスト
保湿力美容成分は配合されているBBクリームよりも保湿効果が高い
仕上がり感健康的な小麦色の肌透明感のあるワントーン明るい肌
カラー展開ベージュ系がメイン、どちらかというと濃いめホワイト系もしくはライトベージュやライトピンク系がメイン

DDクリームって何?

DDクリームとは、Dynamic Do-allの略で、BBクリームの機能をさらにパワーアップさせた新感覚のベースメイクアイテムです。

DDクリームのメリットとは?

アンチエイジング効果が期待できる抗酸化作用成分を多く配合

保湿効果に加えて、抗酸化作用の高い成分が多く含まれているので、酸化を防ぐ働きがあるので、年齢肌の方や長時間メイクをする人には大変お勧めです。

日焼け止め効果が強い

日焼け止め効果が高い分、日焼け止めを別に重ね塗りする必要がなくなったので、厚塗りを防ぐだけでなくコスメ代の節約にもなります。
顔だけでなく首にもそのまま塗ると顔のトーンと首のトーンを均一に仕上げる事ができるから、よりナチュラルな仕上がり感が期待出来ます。

保湿効果が優れている

強力なオールインワン機能を持つベースメイクと言われているぐらいに、高い保湿効果が期待出来ます。
乾燥肌の方や年齢肌で悩んでいる方、さらにオフィスの空調で年中乾燥が気になる方は、思い切ってBBクリームからDDクリームに変えてみるとベストコンディションを保つ事ができるでしょう。

DDクリームのデメリットとは?

DDクリームはまだ開発されたばかりの新製品なので、日本に出回っている物はインポート物がメインです。
海外と日本では気候も全く異なるし外国人と日本人の遺伝子も大きく異なるので、インポート物のDDクリームの保湿力だと、日本人にとっては皮脂が多すぎてニキビやメイクのテカリを招いてしまう事もあるようです。
敏感肌やニキビ肌で悩んでいる方はインポートのDDクリームの成分が肌に合わない事もあるので、国産の日本人の肌質用に開発されたDDクリームが発売されるのを待った方がよいでしょう。

DDクリームがおすすめの人はどういう人?

・年齢肌で悩んでいる人
・BBクリームやCCクリームの機能に満足していない人
・BBクリームとCCクリームのどちらの機能も求めている人
・時短メイク派
・化粧直しが頻繁に必要な人
・いろいろなコスメアイテムを揃えるのが面倒な人

BBクリームとDDクリームの違いまとめ

 

BBクリーム

DDクリーム

美容効果保湿成分配合保湿成分に加えて抗酸化成分も豊富に配合されているので、年齢肌の方や敏感肌の方にお勧め
カバー力高め、コンシーラー機能付きBBクリームよりもさらに高いカバー力があるので、薄付きでもシミや色ムラをきれいに隠す事ができる
日焼け止め効果メーカーにより様々なランクがあるBBクリームよりは高めに設定してある

EEクリームもあるの?

EEクリームの意味は、国によってもいろいろ異なるみたいです。

・Even~さらに、Effect~効果的

・Energy Enhancer~エネルギー増強

・Early Elimination~早期の除去

・Extra Exfoliation~余分な死んだ細胞を除去する

といった風に様々ですが、それぞれの略した言葉の機能を意識して開発されているので、大いに期待できるベースメイクアイテムと言えそうです。

EEクリームの特徴

EEクリームは、なんとBBクリームとCCクリームとDDクリームの機能をすべて兼ね添えた新感覚のベースメイクアイテムとなっています。
透明感も引き出しながらきちんと日焼け止め、シミや色ムラのカバーも備えて、なおかつ保湿ケアやアンチエイジングケアがこれ1つで叶うので、今まで以上にメイクするのが楽しくなる事でしょう。
高機能なアイテムが一つあればそれだけでもメイクの日焼け止め対策、メイクの手間や化粧直しの手間から解放されて、仕事やレジャー、スポーツに思いっきり打ち込む事ができます。
EEクリームは女子の欲しかった機能を全てにまとめたハイスペックなアイテムなので、是非マストバイアイテムに加えておいて下さい。

さいごに

今回はBBクリーム、CCクリーム、DDクリーム、そしてまだ日本に上陸されていないEEクリームの特徴やメリット、デメリットについて解説してきました。
それぞれ使用目的や肌質によって使い分ける事ができるようになっているので、自分の肌質や求めている機能を分析していきながら、より自分の肌にマッチした物を活用していって下さい。
数種類揃えておいて、季節や使用目的別に使い分けしてもOKです。
これからの時代は何層にも重ね塗りするよりは、多機能なクリームをさらりとひと塗りして美しく仕上げるメイクが主流になりそうですね。

-BBクリームの知識
-, , ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.