BBクリームの知識

BBクリームのブルーベースとイエローベースの違いは何?

投稿日:

 

時短コスメの代表格BBクリーム。
コストパフォーマンスの高さもあってますます人気の高まる優秀アイテムの1つです。

最近はBBクリームの種類も増えてきて、どのBBクリームを使うのが良いか迷ってしまうとの声も少なくありません。
ミネラル成分でできていてクレンジング不要な物や、ブルーベースやイエローベースのものもあります。
でも、ブルーベースとイエローベースの違いを正しく理解している人は意外と少ないです。

今回はBBクリームのブルーベースとイエローベースの違いについて解説していきます。

BBクリームのブルーベース(ブルべ)とは?

まずはBBクリームのブルーベースについて解説します。

ブルーベースの特徴は?

BBクリームのブルーベースは、コントロールカラーほど青みの強い色ではないので、いわゆる「ベージュ系」のベースになります。
ブルーベースのBBクリームを使うとくすみを抑えて透明感が出せます。

ブルーベースはどういう人におすすめ?

ご自身のお肌の色がブルーベースの方です。
端的に言えば、色白な方におすすめです。
ファンデーションやBBクリームを選ぶ際に最も明るい色を選んでいるにもかかわらず、それでも肌に塗ると自分のお肌の方が明るいために塗ると逆に暗く仕上がってしまう方です。

また、特徴のところでも解説した通り、透明感を出せますので、くすみの気になる方にもおすすめです。
黄色みを抑えてくれますので、加齢や日焼け、糖化によってお肌のくすみが気になる方はぜひお試しください。

具体的なブルーベースのお肌の方はどのような人が当てはまるのか下に挙げましたのでご自分の特徴にチェックしてみてください。
また、記事の終盤に簡単に調べる方法も載せましたので参考になさってください。

ブルーベースの肌色の人の特徴は?

人種:白人、欧米人に多い
日焼け後:赤くなってしばらくすると引くので小麦肌に焼けない
肌色:青み、ピンクみがある
髪色:ブラック
頬の色:赤みのあるピンク
瞳の色:ブラウン、ダークグレイ
唇の色:赤みがある
似合う服:寒色系
似合うアクセサリー:シルバー系

BBクリームのイエローベース(イエベ)とは?

続いてはBBクリームのイエローベースについて解説します。

イエローベースの特徴は?

基本的に黄色人種はお肌の色味がイエローベースです。
ですから黄みがかったお肌の色が日本人の標準的な肌色ということで、国内メーカーから出ているBBクリームは基本的にイエローベースです。

イエローベースはどういう人におすすめ?

ご自身のお肌の色がイエローベースの方です。
こちらもブルーベース同様、具体的にどのような人がイエローベースに当てはまるのか下に挙げましたのでご自分の特徴にチェックしてみてください。

また、お肌の色が青白かったり、メイクしていても不健康そうに見られたりする方はイエローベースのBBクリームを使いましょう。
もしかしたらお使いのアイテムがブルーベースで血色を悪くみせてしまっているかもしれません。

イエローベースの肌色の人の特徴は?

人種:黄色人、アジア人
日焼け後:色素沈着してすぐに小麦色のお肌になる
肌色:黄みがある
髪色:ブラウン、ダークブラウン
頬の色:オレンジ、ピンク
瞳の色:ブラウン、ダークブラウン
唇の色:肌の色に近い色
似合う服:暖色系
似合うアクセサリー:ゴールド系

BBクリームがブルーベースかイエローベースか調べるにはどうしたらいいの?

BBクリームがブルーベースなのかイエローベースなのかはパッケージに書いてあるかと思います。
ただし、はっきりとブルーベース、イエローベースと書いてある商品はかなり少数です。
たいていはブルーベースなら色味の表記としてはクリアグレージュでしたり、ベージュ、イエローベースならイエローベージュやオークルなどと書いてあります。

「ブルー」「イエロー」の文字が入ってないとなかなか判断しづらいですよね。
特にブルーベースともイエローベースとも表記がなく、わかりにくい場合はパッケージに書かれているキャッチフレーズに注目してください。

パッケージを見るとイエローベースのBBクリームには「標準的な肌色」などと表記されていることが多いです。
逆に、「透明感」、「透き通る肌」、「美白効果」といったキーワードのあるものはブルーベースであることが多いです。
選ぶ際には上記のようなキャッチフレーズを参考にしてみてください。

どちらのベースが自分に合うのかを調べる方法

時間とお金をかけずに自分で簡単に調べる方法がこちらです。
お手持ちのチークをピンク系のものとオレンジ系のものをご用意ください。
それぞれを頬のあたりに当ててみてどちらの顔色が明るく見えるか、瞳が綺麗に見えるか観察してください。
チークのケースごと両頬の隣に並べるイメージです。

ピンク系のチークの方がお肌・瞳が綺麗に見える方にはブルーベースが合います。
逆にオレンジ系のチークがお肌・瞳が綺麗に見える方にはイエローベースが合います。
すぐできる調べ方ですので是非やってみてください。

また、店頭で直接BBクリームのテスターをお試しいただける場合でしたら是非お肌に塗って試してください。
耳の下から顎の間のフェィスラインにそれぞれを少量塗って色味を確認しましょう。

最も正確に知りたいという方はぜひカラーセラピーを受けてみてください。
カラーセラピーの資格のあるプロに診てもらうことで、ブルーベースかイエローベースかどちらが合うのか、またメイクだけでなく髪色やファッションにも生かせる回答がいただけるかと思います。
今はコスメカウンターでお客様のベースカラーを診断してくれるところもありますよ。

さいごに

どちらのベースのBBクリームを使うのかによって、違和感(明るさや首との境界)が出てしまったり、逆に透明感やツヤが出せたりと、かなり仕上がりを左右することがわかりました。
ご自分に合ったベースカラーを使えば、お顔と首の色の差がなくなり自然な仕上がりになりますし、透明感、ツヤ、血色も思いのままです。

新たな年度に入り、初対面の方との出会いや写真撮影の機会も多くなるこの季節。
ぜひご自分のお肌の色味に合ったBBクリームに出会い、肌悩みをナチュラルにカバーしてくださいね。
BBクリーム1つで第一印象を変えられますよ!

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.