BBクリームの知識

BBクリームの落とし方を間違ってない?コツを解説します

投稿日:

 

最近はナチュラルメークの流行でファンデーションの代わりにBBクリームを使用している方も多いですよね。
BBクリームだけの日は
「今日は化粧が薄めだから洗顔だけでもいいかな」
なんて思ってしまいがちですが、果たして洗顔だけでBBクリームはきちんと落ちるのでしょうか?

今回はBBクリームを塗ったときのクレンジングの必要性やクレンジングの特徴などをご紹介します。
メイクをきちんと落とさないと、肌の老化を進めたり肌荒れを引き起こす要因にもなりますので、今一度クレンジングについて確認しておきましょう。

BBクリームは洗顔だけでもちゃんと落ちるの?

BBクリームはテクスチャーが軽く美容成分が入っていることから、肌に優しく洗顔だけでも落ちそうなイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、顔料や油性成分など基本的な成分や構造はファンデーションとほとんど同じです。

洗顔でBBクリームが落ちるのか、その答えはNOです。
顔料や、紫外線吸収剤などの添加物や油性成分は洗顔料や水では綺麗に落ちません。

BBクリームはクレンジングで落とそう

クレンジングとはメイクの油性汚れを、油または海面活性剤で浮かせて取り除くアイテムです。
一方洗顔は泡で包み込み埃や肌表面の過剰な皮脂など、主に水性の汚れを落とすアイテムです。

油性のマジックや油がついたフライパンは水ではきれいに落ちませんよね。
やはり油汚れは油で浮かせて落とすのが一番です。
BBクリームの主原料も油性の成分ですので、クレンジングを使用することで短時間ですっきり落とすことが出来ます。

クレンジング不要のBBクリームの場合はどうしたらいい?

ではクレンジング不要のBBクリームの場合はどうでしょうか。
今は、お湯や洗顔で落ちるという便利なBBクリームも発売されています。
それ単体のメイクならクレンジングは必要ないかもしれませんが、上にパウダーやチークなどをつけた時にはもちろんクレンジングが必要でしょう。

また、洗顔で落ちると書いてあっても使用した方の中には「完全には落ちなかった」という声もあるようです。
洗顔の種類によっても違うかと思いますが、クレンジング不要のBBクリームの場合も、全体にしっかり塗った時や心配なときはクレンジングを使用したほうが安心ですね。

どのタイプのクレンジングがおすすめ?

クレンジングの種類はいくつかあり、それぞれに特徴がありますので以下にご紹介します。
あなたの肌タイプに合わせて選んでくださいね。

オイル

オイルクレンジングは、他のクレンジングに比べ洗浄力が強くウォータープルーフのマスカラや落ちにくい口紅も一緒に素早く落とすことが出来ます。
しっかりメイクをした日や時間がない時には落ちやすい為非常に重宝します。

しかし落としやすいが故に肌のバリア機能に必要な皮脂まで取り除き、乾燥してしまう恐れがあります。
油性肌の方におすすめのクレンジング剤です。

ジェル

粘液質でみずみずしくさっぱりとした洗い上がりのジェルは、油性肌~普通肌の方におすすめのタイプです。
オイルに比べ洗浄力はやや低めです。

ミルク

ミルクタイプは乳液のようにテクスチャーが柔らかく肌の摩擦を抑えながら洗えます。
さっぱりとした洗い心地ですが油分が入っているので洗浄後はしっとりとした感触が残り乾燥を防ぎます。
普通~乾燥肌の方におすすめです。

クリーム

クリームを肌に馴染ませて落とすタイプは、手と肌の間にクリームがクッションとなり肌への摩擦や負担が一番軽いクレンジングです。
油分が多く含まれているので洗い流したあとも肌がしっとりし乾燥肌の方や敏感肌の方には特におすすめです。

クレンジング後に洗顔は必要?

クレンジングをしたからといって肌の汚れが全て落ちるわけではありません。

クレンジングの油分、埃、毛穴に入り込んだ汚れが肌にはまだ残っています。
汚れをそのままにしておくと、毛穴がつまり炎症をおこしたり皮脂が酸化してしまうことも。

洗顔料は汚れはもちろん、古い角質を取り除くことで肌のターンオーバーを正常化する役割があります。
キメの整った健康的な肌を保つ為には、クレンジング+洗顔で汚れをしっかりリセットする事が大切です。

BBクリームの落とし方のコツを紹介

いつも何気なくしているクレンジングも、間違ったやり方を長期間続けていると肌には悪影響です。
「最近肌のコンディションがいまいち」といった悩みがある方は特にクレンジングを見直してみてください。

次にBBクリームを落とすときに気をつけたいポイントを3つご紹介します。

ゴシゴシこすらない

メイクをしっかり落とそうと、ゴシゴシ力を入れてこすることは絶対にやめましょう。

クレンジングは浮かせて落としますので、ゴシゴシしたからといってメイクが早く落ちることもありませんし落ちやすい訳でもありません。
毎回クレンジングの度に肌をゴシゴシこすると、シワやたるみ、キメが乱れる原因になります。

必ずクレンジング剤は優しく馴染ませ、洗い流すときも肌をこすらないよう気をつけましょう。

手や顔が塗れていない状態で落とす

クレンジングは油性ですので、水が加わると乳化してしまい洗浄力が低下します。
お風呂で落とす方は特に水に濡れていない状態でクレンジングをするように気をつけたいですね。

クレンジングは必ず適量を使用する

もったいないからといってクレンジング剤を少ない量にすると、メイクが落ちきれず残ってしまったり、馴染むのに時間がかかって肌の負担になる場合があります。

必ずクレンジング剤は適量を使用して、しっかり素早く落とすようにしましょう。

ポイントメイクは先にリムーバーで落としておく

アイメイクやリップメイクをした日は、クレンジングの前にリムーバーを使って、ポイントメイクを先に落とすことをお勧めします。
アイシャドウを塗った目元の皮膚は、頬の3分の1程度の薄さしかない為シワが出来やすく、なるべく力を加えずクレンジングをしたい部分です。
また、口紅は色味が強いアイテムなのでしっかり落とさないと唇が色素沈着を起こしやすいのです。

さらに最近では、落ちにくさを謳ったマスカラや口紅が流行っていますのでクレンジング剤によっては落としにくい場合があります。
そんな時にポイントメイクリムーバーだとクレンジングよりも洗浄力が高いので短時間でスッキリと落とすことが
できます。

リムーバーはコットンにたっぷり含ませ、必ずこすらないで押さえるようにしばらくメイクの上に置き、優しく拭き取りましょう。

BBクリームをちゃんと落とせてないとどうなるの?

では、もしもBBクリームをしっかり落とさないと肌はどうなるのでしょうか?

毛穴が詰まる

毛穴にBBクリームが詰まったままだと、毛穴が開いたり炎症を起こしてニキビが出来る場合があります。
また、表面がザラついてメイクのノリも悪くなってしまいます。

酸化する

メイクの油分や顔の皮脂を落とさずそのままにすると酸化します。
油が酸化すると刺激物に変化するので、肌のターンオーバーが乱れ老化を進めたりシミ、くすみの原因にもなってしまいます。

次につけるスキンケアが浸透しにくくなる

メイクがきちんと落ちていないと肌の角質が厚くなり化粧水が浸透しにくくなります。
また、美容液の成分も肌の中に入りにくくなるので、せっかくのスキンケアの効果が半減してしまいます。

さいごに

いかがでしたか?
今回はBBクリームの落としかたに焦点を当ててご紹介しました。
BBクリームは肌への密着度が高いことから、落としにくいという面もあり洗顔ではなくクレンジングできちんと落とす必要があります。
どんな汚れでも時間がたつと落ちにくくなるものです。
いつまでも若々しいすべすべな肌を保つ為にも、その日のうちに正しいクレンジングでメイクオフを心掛けたいですね。

-BBクリームの知識
-,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.