BBクリームの知識

BBクリームに化粧下地って必要?いらない?違いは何なの?

更新日:

 

「BBクリームって化粧下地は必要なの?いらないの?」

「BBクリームと化粧下地との違いって何?」

なんてあなたは思ってはいませんか?

BBクリームの役割や化粧下地の役割を知ると結果が分かります。
それではどうぞ。

BBクリームとは

BBクリームとは、Blemish Balmの略で、皮膚の欠点や傷を補うためのクリームといった意味があります。
傷といったらオーバーですが、ニキビ跡やシミ、そばかすをカバーする作用があるといった使用目的で活用するのが良いでしょう。
肌の再生、保護、保湿といった効果をメインに開発されているので、

・美容成分

・化粧下地

・日焼け止め

・ファンデーション

・コンシーラー

といった風に、これ1つでオールマイティーに働く非常に便利なベースメイクアイテムとなっています。

BBクリームとCCクリームとDDクリームの違いは?EEクリームもあるの?

化粧下地とは

化粧下地とは皮膚の凹凸やシミ、くすみ、小じわ、色ムラをカバーして、肌のトーンを均一に見せながら、尚且つファンデーションやコンシーラー、フェイスパウダーと馴染んで、それらのアイテムが美しく仕上がるようにするためのベースを整える機能があります。
化粧下地である程度肌のトーンやキメを整えておくだけで、その次に載せるファンデーションも薄浸きでも大変美しく仕上げる事ができます。
最近では化粧下地に日焼け止め効果や毛穴補修効果、コントロールカラー効果がプラスアルファでついている物が増えてきているので、クオリティの高いベースメイクが叶えられそうです。

BBクリームを塗る時って化粧下地は必要?

BBクリームを塗る時には、基本的には化粧下地は必要ありません。
特にBBクリームはカバー力が高いので、薄浸きでも肌のトーンを均一に仕上げる事が出来ます。
だから朝の洗顔後に乳液や美容液、もしくはオールインワンジェルで肌を整えた後に、そのままBBクリームを浸けて軽くフェイスパウダーをはたけばベースメイクが完了です。

化粧下地が無いと心配な人におすすめの方法

化粧下地がないと不安といった方は、BBクリームを塗る前に、顔色を明るくさせるホワイト系やパープル系、ブルー系もしくは、顔の血色をよく見せるピンク系のコントロールカラーをベースに塗っておくとよいでしょう。
BBクリームはどちらかというと肌をカバーする力が強いので、場合によっては顔色が暗く見えがちになります。
顔色を明るく見せたいと思ってBBクリームとコントロールカラーを混ぜても、成分が異なる場合にはよく混ざらない場合もあるので別々に浸ける事がポイントです。

BBクリームとリキッドファンデーションの違いと使い分けについて

BBクリームとファンデーションの大きな違いは、BBクリームには、化粧下地とコンシーラーの機能がついていますが、ファンデーションにはついていない点です。
最近では、ファンデーションにも日焼け止め機能や美容成分が配合されている物が増えてきましたが、BBクリームほどカバー力はないので、ファンデーションを使用する時には化粧下地やコンシーラーは別に浸ける事になります。

シミやクマが気になる時のファンデーションを使ったベースメイクについて

シミやクマが気にならない方にはコンシーラーは必要ありませんが、もしも気になるのでしたら、ファンデーションを塗った後にシミやクマが気になるパーツだけコンシーラーを塗り重ねる必要があります。
シミやそばかすを隠す時には、肌の色やファンデーションと同じトーンのコンシーラーを使用して、クマを隠す時には、肌の色よりは明るめのカラーのコンシーラーを活用するのが美しく仕上げるコツです。
シミやそばかすを隠す時には、ペンシルタイプや練りタイプのコンシーラーを気になる部分に塗ってファンデーションと馴染ませるのがコツです。
目の下のクマには、リキッドタイプの明るいカラーのコンシーラーを塗って、それをファンデーションになじませて下さい。
ファンデーションを塗る前に、化粧下地やコントロールカラーで肌を均一に整えておくと、ファンデーションの肌馴染みがよくなるだけでなく、肌色を美しく仕上げてくれます。

最新の高性能な化粧下地情報

最近では化粧下地も高性能化してきています。

汗や皮脂に強く、テカリを抑える効果の高い物

汗っかきさんや、脂性肌の方、夏場の汗をかく季節などにお勧めのアイテムです。

保湿効果の高い物

乾燥肌の方や冬場から春先にかけての乾燥が気になる季節にお勧めのアイテムです。

透明感や艶感を出してくれる物

透明感のある素肌メイクを叶えてくれるイチオシアイテムです。

美容成分がたっぷり配合されている物

年齢肌で悩んでいる方もメイクしながらスキンケアができるとなると、肌のコンディションもグッとアップする事でしょう。
抗酸化作用の高い成分が配合されていると、紫外線によるメラニンをメイクが吸収してもそこでブロックする作用があるので日焼け防止効果も高まります。

コントロールカラー機能が付いた物

素肌よりも顔色を明るく見せたい時には、コントロールカラー機能付きの化粧下地を活用するのがポイントです。
化粧下地、コントロールカラー、ファンデーションといった風に何層も重ね浸けしなくてよい分薄化粧が叶います。

日焼け止め機能付きの物

日焼け止め機能がついていると、日焼け止めを別に塗る必要がなくなるので、メイクのヨレを防ぐ事ができます。
化粧下地に日焼け止めが配合されている方が、メイク持ちは良いようです。

このように最近では高機能な化粧下地が数多く開発されているので、なりたい肌に近い物をセレクトしながらベースメイクを整えていって下さい。

BBクリームを使用するメリット、デメリット

これからBBクリームを使用するメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

・時短メイクが叶う

・何層にも重ね塗りする必要がないので、薄浸きメイクが簡単にできる

・化粧直しアイテムに便利

・美容成分が配合されているので肌にも優しい

・シミやそばかす、くすみをカバーしてくれる効果がある

・BBクリーム一つで美容液効果、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーション、化粧下地とオールマイティーな機能がある

デメリット

・あまり濃い色のBBクリームを使用すると顔色が暗く見られがち

・透明感のある素肌メイクになれない

・カラー展開がベージュメインなので、肌が白い人には色が合わない事もある

リキッドファンデーションを使用するメリット、デメリット

リキッドファンデーションを使用するメリットとデメリットについて、これから解説していきます。

メリット

・いろいろなカラーが選べるということです。
最近では国産メーカーだけでなく海外コスメブランドのリキッドファンデーションも数多く輸入されているので、より多くの種類のメーカーから自分好みのカラーをセレクトする事ができます。

・リキッドファンデーションは水分量が多いので、軽いテクスチャーの物だと透明感のある素肌メイクも叶います。

・使用する量によってマットな肌やナチュラルメイク、小麦色の健康肌メイクといった風に様々な質感のベースメイクが叶う点が人気です。

デメリット

・油分が多くテクスチャーが重い物を選んでしまうと、メイクが崩れやすくなったり、厚塗りおばさんメイクに見られがちです。

・塗るのに手間とテクニックが必要になります。
リキッドファンデーションは、顔に均一に塗るのに手間とテクニックが必要となってきます。
そんな時は、ファンデーション用スポンジを活用するのがコツです。

・仕上げにフェイスパウダーが必要になります。
リキッドファンデーションだけでは、メイクが崩れやすくさらりとした仕上がりにならないので、上からフェイスパウダーをはたく必要があります。
どちらかというとリキッドファンデーションは、時間と手間をかけてじっくりとベースメイクを仕上げていく人にお勧めのアイテムです。

さいごに

今回は、BBクリームに化粧下地は必要か?といった事を検証していきながら、同時にBBクリームとリキッドファンデーションのメリットとデメリットについて解説してきました。
ベースメイクアイテムもこのようにいろいろ選べるので、よりあなたの好みのベースメイクに近いアイテム、もしくはライフスタイルにマッチしたアイテムを活用しながらおしゃれを楽しんでいって下さいね。

BBクリームの使い方のコツはある?スポンジとルースパウダーで仕上げます

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.