BBクリームの知識

BBクリームはクレンジング必要なの?不要の場合なら石鹸でも大丈夫?

投稿日:

 

「BBクリームを落とすときってクレンジングが必要?」

「BBクリームを落とすのがめんどくさいからクレンジング不要のを使っているから大丈夫だよね?」

そういうことを考えていませんか?
BBクリームをちゃんと落とさないと肌トラブルの元になってしまいますよ。
今回はBBクリームとクレンジングについて解説したいと思います。

BBクリームはクレンジング必要?

BBクリームは、美容成分が多く含まれ肌に優しいイメージがあり、長時間つけていても肌荒れしにくいので、クレンジングは必要ない?と考えてしまう方が多いのですが、BBクリームには美容成分以外に油分や肌色顔料が多く含まれています
そしてメイク崩れを防ぐため、肌に密着するように作られているので石鹸だけでは落とすことが出来ないため、肌に優しいBBクリーム=石鹸で落とせるという訳ではありません
BBクリームは必ずクレンジングを使用してメイクを落として下さい。

クレンジング不要のBBクリームの場合は石鹸で洗うだけでも大丈夫?

数年前からBBクリームや化粧下地でクレンジング不要の製品が多く販売されるようになりました。しかし、メイクをするのにクレンジングをしなくても本当に大丈夫?なぜクレンジングが不要?普通のBBクリームと何が違うの?と疑問に思う方も多いはずです。

クレンジング不要のBBクリームはどうして石鹸で洗うだけで落ちるの?

クレンジング不要のBBクリームは、クレンジングを使用しないと落とすことの出来ない紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油が使われていないのが特徴です。
カバー力は通常のBBクリームより劣りますが、つけ心地が軽く、石鹸をたっぷり泡立てて肌の上にのせて優しくマッサージするだけで簡単にメイクを落とすことが出来ます

※クレンジング不要のBBクリームを使用していてもメイクの仕上げにパウダーやファンデーションを使用する場合は、クレンジングが必要になるので注意して下さい。

BBクリームを落とす時にはどんなクレンジングがおすすめ?

BBクリームを落とす時に特別なクレンジングが必要になる訳ではありませんが、クレンジングは肌に刺激になってしまいます。クレンジングは洗浄力で選ばず肌タイプに合ったものを使用し、肌への刺激を最小限に減らしましょう。

クレンジングの役割

クレンジングは肌に密着したメイクや皮脂を浮かせ落としやすくする働きがあります。
クレンジングでマッサージした後、ぬるま湯でしっかり洗い流すと汚れのないクリアな肌になります。清潔な肌にはスキンケアがしっかり浸透し、肌が日中に受けたダメージを効果的に回復させることが出来ます。

クレンジングの種類・特徴・おすすめの肌タイプ

クレンジングの種類
おすすめの肌タイプ
特 徴
オイルクレンジング
脂性肌
普通肌
混合肌
オイルタイプのクレンジングは洗浄力が高く、メイクだけでなく、皮脂や大気中の汚染物質まで落とすことが出来ます。
そして落ちにくいマスカラなどのポイントメイクも綺麗に落とすことが出来るのが特徴です。
オイルクレンジングは洗浄力が高いため、乾燥肌や敏感肌の方には刺激が強くなります。
リキッドクレンジング
脂性肌
普通肌
混合肌
トロッとしたテクスチャーのリキッドが肌に密着し、毛穴の汚れを浮かせて取り除きます。オイル成分が含まれていないので、まつげエクステをしている方も使え人気のクレンジングです。洗浄力は高いですがオイルクレンジグより肌への負担が少ないのが特徴です。
ミルククレンジング
乾燥肌
敏感肌
柔らかくサラッとしたテクスチャーのミルクタイプのクレンジングです。保湿効果が高く、肌への負担が少ないので乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。洗浄力が少し低いため、ポイントメイクなどはポイントメイク落としで落とす必要があります。
クリームクレンジング
乾燥肌
敏感肌
クリームクレンジングには洗い流すタイプと拭き取りタイプがあります。洗浄力は低くないのですが、クリームがメイクとなじみ乳化するまで少し時間がかかります。すすぎも他のクレンジグより時間がかかりますが、保湿効果が高く洗い上がりがしっとりし、クレンジグ後に起こる肌のつっぱる感じがないので乾燥が気になる方におすすめです。
水クレンジング
脂性肌
普通肌
混合肌
乾燥肌
敏感肌
クレンジングのタイプとしてはリキッドタイプに分類されます。水分が多く含まれているのでローションのようにサラサラしているので水クレンジングと呼ばれています。拭き取るタイプのクレンジングでコットンにローションをたっぷり含ませて使用します。保湿効果が高く、刺激も少ないので肌タイプを選ばず使えます。

BBクリームを落とす時のポイントとは

せっかく肌に優しく美肌効果の高いBBクリームでメイクしていても、クレンジングの方法を間違えると肌を傷めてしまいます。BBクリームを落とす時のポイントをおさえましょう!

クレンジングは力を入れすぎない!

クレンジングは表面を指で優しく滑らすようにマッサージしてメイクと馴染ませて下さい。力を入れすぎると肌を傷つけ、シミやシワの原因になってしまうので注意して下さい。

クレンジングをのせて長時間マッサージしない!

どんなに肌に優しいと言われるクレンジングでも使うと肌に負担がかかります。汚れや角質を取るために長時間マッサージをする方が多いのですが、クレンジングは肌にのせたら30秒程優しくマッサージをしたらすぐに洗い流しましょう。
※クレンジングを肌に長時間のせていると乾燥・肌荒れの原因になります。

クレンジングはたっぷり使う!

これはどの種類のクレンジングでも共通して言えることですが、使用量が少ないとマッサージをする時の摩擦で肌を傷めてしまいます。
クレンジングは手・コットンにたっぷり含ませてマッサージしましょう!

オイルクレンジング⇒5〜6プッシュ
リキッド・ミルク・クリーム・水クレンジング⇒500円玉大

クレンジングを『乳化』させる

乳化とは油分と水分が混ざり白濁する現象のことです。
肌の水分とメイクの油分が混ざり合い乳化すると、メイクが落ちやすくなり、肌への負担が少なくなります。クレンジングが乳化したら37℃位のぬるま湯で30〜50回程すすぎ残しがないように洗い流して下さい。

BBクリームをちゃんと落とさないとどういうデメリットがある?

メイクが肌に残っていると不潔な雑巾を顔に乗せるのと同じ・肌が10日分老ける!という話をよく聞きますが、美容成分の多いBBクリームでも同じなのでしょうか。

BBクリームでも肌トラブルは起こる!

BBクリーム(油分)が肌に残っていると皮脂と混ざりあい酸化し、シミやくすみ・毛穴のつまりなどの原因になります。そして肌の再生能力が低下し、肌の老化まで進んでしまいます。汚れた肌にはダニが繁殖してしまう危険性もあるので注意して下さい。

せっかくのスキンケア効果が半減する

汚れが残った肌の上からスキンケアを浸透させると、汚れも一緒に浸透させてしまい、スキンケア本来の効果(肌のダメージ回復)が発揮されません。更に肌に汚れを浸透させてしまうことで肌トラブルの原因となってしまいます。

さいごに

BBクリームのクレンジングについてご紹介させて頂きました。
参考になりましたでしょうか。
メイクが綺麗に落ちていないと想像以上に肌に負担がかかってしまいます。
クレンジングには、肌が日中受けたダメージ(汚れ)を取り除き、スキンケアの浸透力を高める働きがあります。
クレンジング不要タイプのBBクリームでもメイクの仕上げにパウダーやファンデーションを使用する場合はクレンジングが必要になります。
今日からクレンジングの見直しをしてみて下さい。

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.