BBクリームの知識

UVカット効果があるBBクリームなら日焼け止めは不要なの?

投稿日:

 

「BBクリームにUVカット効果があるけど、紫外線対策はこれで大丈夫?」

「BBクリームと日焼け止めって併用してもいいの?」

なんて疑問はありませんか?

夏の暑い時期を初め、紫外線が当たる日はUVカットによる紫外線防止が欠かせません。

紫外線対策を行うことで肌への刺激を軽減させることが出来ますが、ここで迷いやすいのがUVカット効果があるBBクリームか、あるいは日焼け止めのどちらを使うかどうかです。

同じUVカット効果があるならどちらか一方で良さそうなものですが、逆に考えれば併用することでさらに高いUVカット効果が得られるんじゃないかとも思いますよね。

しかし、二つを併用し続けているとお金もかかりますし、どちらか一方でいいなら節約も兼ねてBBクリームで済ませるだけでも良さそうです。

そこで、UVカット効果があるBBクリームを使うなら日焼け止めは必要ないのか、もし併用するならメリットは何かなどについてご説明します。

UVカット効果があるBBクリームなら日焼け止めは必要ない?

結論から言えば、UVカット効果があるBBクリームさえあれば日焼け止めは必要ないというわけではありません。

確かに日焼け止め効果があるBBクリーム一つだけで紫外線防止対策が済ませられる場面は多くあるかもしれませんが、場合によっては必要になることもあります。

ポイントはどれだけのUVカット効果があるか

UVカット効果を表す値として表記されているのが、SPFとPAです。

SPFは数字、PAは+が多いほど高いUVカット効果があるということになります。

ここで気を付けておきたいのは、BBクリームがあくまでナチュラルメイクならではの紫外線防止効果しかないので、いつも通りナチュラルに仕上げていては従来のUVカット効果が発揮されません。

日焼け止め効果があるBBクリームを使用する際にはしっかりと塗り込む必要性があります。

もちろんBBクリームの種類にはまるで紫外線防止効果がないものもありますし、UVカット効果が低くて長時間の外出には向かないものまで様々です。

もしも手元にUVカット効果が低いBBクリームしかなかった場合、日焼け止めが役に立ちます。

BBクリームと日焼け止めを併用するメリットとは?

BBクリームと日焼け止めを併用するメリットとして挙げられるのが、すなわちUVカットの相乗効果です。

相乗効果といっても両方のUVカット効果が合わさるだけですが、二つを併用することでお互いの欠点を補い合うことが出来ます。

UVカット効果は単純に足し算になる?

SPFとPAの値はどれだけ高いUVカット効果があるかを表していますが、BBクリームと日焼け止めを併用するということは二つのSPFとPAを合わせるということになります。

SPFは50、PAは+が4つあれば最高値ということなので数値上は50と++++が限界となりますが、二つを併用することによって足りないUVカット効果を高めることが可能です。

つまり、BBクリームがSPF10、+が1つしかなかった場合、SPF40、+が3つある日焼け止めを併用することによってSPF50、+が4つと非常に高いUVカット効果を得ることが出来ます。

併用するということで重ね塗りをしなければなりませんが、十分なメリットも備わっています。

どちらから重ね塗りするべき?

問題なのはBBクリームと日焼け止めのどちらから重ね塗りしていくかどうかですが、ここはBBクリームを重ね塗りするのが正解です。

BBクリームはUVカット効果があるとはいえ、元々化粧下地やファンデーション、コンシーラー、スキンケアなどと様々な役割を持っています。

加えて色がついているものも多く、もしもBBクリームの上に日焼け止めを重ねて塗ってしまうとBBクリームが取れてしまい、見た目が汚くなってしまいます。

まず日焼け止めから先に塗り、上からBBクリームを重ね塗りした方が上手に仕上げられるでしょう。

厚塗りに注意!

ここで気を付けてほしいのが、併用する際に厚塗りにならないかどうかです。

BBクリームや日焼け止め単体を塗るだけなら正しく塗ることで厚塗りにはならないでしょうが、重ね塗りする以上は厚塗りになりやすいので注意が必要です。

もちろん薄く塗ったところで汗や水などで流れてしまうので厚く塗った方が確かな日焼け止め効果が得られますが、かといって厚く塗りすぎるとかえってよれてしまいます。

白浮きしたり顔色が不自然に見えたり、メイクがよれて早めの塗り直しが必要になったりと面倒なことになりかねないので、塗る量には十分に注意しましょう。

UVカット効果があるBBクリームを塗る場合、塗り直しの間隔はどれくらい?

日焼け止めに関してもそうですが、崩れにくいBBクリームでも絶対に塗り直しが必要ないというわけではありません。

塗り直しをしなければ汗や水などで崩れてきている部分から紫外線によるダメージを受けてしまいますし、メイクが崩れる原因にもあるので一定の間隔でBBクリームの塗り直しを行う必要性があるでしょう。

塗り直しの間隔は人によって違う!?

メイク直しや紫外線防止効果を長持ちさせる為には日焼け止めはもちろん、BBクリームの塗り直しが欠かせません。

ですが、「高いSPFや+が多いBBクリームを塗っていれば塗り直しの間隔は長くても大丈夫なんじゃ?」

……と思われる人も多いでしょう。

しかし、その認識は間違っています。

そもそもSPFや+の値は紫外線をカット出来る力が強いかどうかではなく、どれくらいの時間に日焼けから肌を守ることが出来るかどうかです。

つまり、日焼けしやすい人ほどこまめに塗り直しを行った方がいいということになります。

どちらにしても紫外線量によって間隔が変わる為、ずっと室内にいるのか屋外にいるのかで塗り直す時間帯を決めておきましょう。

塗り直す間隔の目安

もしも1日中室内にいるのであれば、お昼の時間帯に1回塗り直すだけでOKです。

室内といえども紫外線は降り注いでいるので、油断せずに塗り直しましょう。

また、外出している時間が長いのであれば2時間おきに塗り直すのがお勧めです。

油断していると汗などでBBクリームが崩れてしまうので、紫外線カットの効果を半減させない為にもこまめに塗り直しましょう。

さいごに

紫外線は季節に関係なく降り注いでいる油断ならないもので、油断していると日焼けしたりシミやしわなどの原因にもなってしまいます。

UVカット効果がどれだけあるかどうかは非常に重要であり、BBクリームと日焼け止めを併用することこそUVカット効果の真価が発揮されるでしょう。

その分厚塗りにならないように十分に注意すれば、頼もしい化粧品として役立ってくれますね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

BBクリームに日焼け止めって必要?併用する意味はある?

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.