BBクリームの知識

BBクリームの使用期限はどのくらい?未開封だとどのくらい持つ?

投稿日:

 

日焼け止めやBBクリームのような紫外線防御機能があるアイテムは、紫外線が強い時期の使用頻度が高い季節ものです。
ですから、夏に使用して、次の夏まで使用しないケースが多々あります。
食品には賞味期限が表示されていますが、化粧品には表示されていませんので(例外あり)、整理していたら昨年購入したBBクリームが出てきて、これは使っても大丈夫?と、BBクリームの使用期限について疑問に思われる方は多いと思います。
そこで今回はBBクリームの使用期限について説明いたします。

使用期限って何?

使用期限とは、「化粧品の品質に著しい変化がなく、ユーザーが安心・安全に使用出来る期間」のことを言い、未開封の場合、「製造後3年」と決まっています。
さらに、メーカーが製造後3年の品質を担保出来るのであれば、使用期限の表記は必要ありません。
世の中には使用期限表記のない化粧品がほとんどです。これらは、メーカーが、製造後3年の品質を保証していますから、万一、購入後、何かしらの品質異常が確認された際は、交換、返金などの対応を受けることが出来ます。
一方、使用期限表記のある化粧品もあります。
それは、メーカーが、製造後3年(未開封)の品質を保証できない場合です。
具体的に言うと、無添加化粧品などがそうです。無添加化粧品には防腐剤が含まれていませんので、カビや菌への耐性が弱く、腐ってしまいます。
このように、製造後3年の品質(ここでは腐るということ)が保証できない場合は、保証できる期間を明記する必要があるのです。
ですから、ご自分が購入した化粧品に、使用期限表記があるのかないのか。
ない場合は、製造後3年の品質保証ですが、ある場合は、必ずその期限内に使い切るようにしてください。
また、製造後3年といっても、化粧品に製造日が明記されているケースはほとんどありません。
何かあった時、メーカー側がその履歴(製造日や製造装置など)を追えるように、化粧品にはロット番号というものが印字されていますが、ユーザー側が製造日などその詳細を知ることは出来ません。
化粧品は使用期限が長いですから、生鮮食品のようにすぐに市場に流通させる必要はありません。
ユーザーの手元に届くまでに、製造後数ヶ月経過していることがほとんどです。
もともと使用期限が長いですから、このように時間が経過していても、品質に全く問題ございません。
ですが、ユーザーにとってはどうでしょうか?新品だと思って購入した化粧品が、すでに製造後数ヶ月も経過していたとなると、あまりいい気分にはなりませんよね。
このような背景から、化粧品には製造日を明記する必要がないのです。
気になる方は、ご自分が購入した日を化粧品に書いた方がいいかもしれませんね。

BBクリームの使用期限は?

使用期限はアイテムごとに決められているわけでなく、全ての化粧品に対し製造後3年(未開封)と決まっています。ですから、BBクリームの使用期限も製造後3年で、メーカーがこの間の品質を担保出来るのであれば、使用期限の表記は必要ありません。
ただし、製造後3年という使用期限は「未開封の場合」です。開封した場合はこの限りではありません。

未開封と開封済みの使用期限

未開封の使用期限は、「製造後3年」です。
一方、開封した場合の使用期限に明確な決まりはなく、各メーカーの判断に委ねられています。つまり、開封後の使用期限の考え方は、メーカーによって異なります。
しかし、決まりでなくとも、未開封、開封に関わらず、製造後3年の品質保証を実践しているメーカーは多いです。
開封した段階で、メーカーの品質保証の義務はなくなりますが、高いお金を出して購入した商品が、使用後、数ヶ月で品質異常をおこしたらユーザーが離れていきますからね。
開封後であっても、短期間で品質異常をおこした場合は、メーカーに問い合わせるのがいいと思います。
ただし、決まりではないので、未開封時のような交換、返金などの対応を受けられる保障はありません。
ですから、お金を出して購入した商品なので、開封後はユーザー自身が保管方法に配慮する必要があります。

BBクリームの適切な使用期間と保管方法

BBクリームだけでなく、ミルクやクリームなど、油と水が配合されている化粧品の多くは、「界面化学」という学問の上に成り立っています。
この界面化学の考え方からすると、これら化粧品は、いつか必ず分離し、品質は徐々に低下していきます。メーカーは様々な工夫で、分離するまでの期間、品質が著しく低下してしまうまでの期間を延ばしているにすぎません。
ですから、冒頭でもふれたように、BBクリームのような季節ものは、複数年にわたり使用するケースがありますが、品質劣化を考えると、極力、購入した年、出来れば購入後3ヶ月~6ヶ月以内に使い切ることをおすすめします。
また、品質を維持するために、冷蔵庫でBBクリームなどの化粧品を保管する方がいます。
これは半分正解です。
冷蔵庫などの低温で保管することで、分離は抑えられますし、匂いの変化、色の変化も抑えられます。
このように、「分離」、「匂い」、「色」という品質には冷蔵庫保管は有利です。
しかし、低温に保管すると、硬くなってしまうことがあり(これをゲル化といいます)、「硬さ」という品質には不向きなのです。
一番のおすすめの保管場所は、「直射日光があたらず、極端な高温にならない場所」です。
通常の化粧棚や化粧ポーチ内で問題はありません。
冷蔵庫のような低温下で保管する必要もありません。

BBクリームの寿命(使用の可否)の判断方法

BBクリームは極力、購入した年、出来れば購入後3ヶ月~6ヶ月以内に使い切った方がいいと説明しました。
ですが、そうはいっても、年を越してしまうケースはありますし、もったいなくて簡単には捨てられませんよね。
そのような時は、まず、BBクリームが「分離」しているかどうかを確認してみてください。
透明な液体が出てきたら、それは分離なので、使用不可です(理由は後程説明します)。
分離以外には、「匂い」が分かりやすいですね。
実はBBクリームは化粧品の中で、「匂い」が変化しやすいアイテムです。なぜなら、BBクリームは紫外線防御機能のために、「紫外線吸収剤」が、紫外線防御機能とファンデーション機能のために、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄といった「粉体」が配合されています。
紫外線吸収剤は油なので(水系もあります)、時間とともに酸化します。また、特に酸化チタンなどの粉体は、紫外線吸収剤やBBクリームに配合されている他の油を酸化させてしまいます(粉体の表面活性が高いといいます)。
ですから、紫外線吸収剤や粉体が配合されているBBクリームは、油が酸化されやすく、匂いが変化しやすいのです(油臭くなります)。
このような性質ですので、はじめから香料を配合しているBBクリームもあります。
その場合は、はじめの香料の香りを覚えておいて、その香りに変化があったら使用不可。
無香料の場合は、油っぽい匂いに変化してきたら使用不可とするのが良いでしょう。
油が酸化したBBクリームを使い続けることは、肌トラブルのもとになります。
通常の化粧品では「色」も寿命を見極めるための判断材料ですが、BBクリームの場合は、すでに肌色で着色されているので、色での判断は難しいですね。ですから、「分離」と「匂い」で使用の可否を判断してみてください。

分離したBBクリームは使用不可

化粧品の品質トラブルで一番多いのが「分離」です。
化粧品は、通常では混ざり合わない「水」と「油」を、「界面活性剤」の力を借りて混ぜています(乳化といいます)。
しかし、永久的に混ざった状態になるわけでなく、いつか必ず、水と油は分かれてしまいます。
この水と油が分かれる現象が分離です。
化粧品は温度変化に弱く、特に高温で分離は促進されます。
ですから、BBクリームが分離していた、というケースはよくあります。分離が確認されたBBクリームは使用しないでください。
BBクリームは様々な機能が集約された、多機能アイテムです。分離によって、一番影響を受ける機能は「紫外線防御機能」です。
BBクリームの紫外線防御指数(SPF, PA)は、当然のことながら、分離していない状態の値です。分離してしまうと、化粧品の中の紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が均一に存在していませんので、表示されているSPF,PAの機能を発揮できません。
SPF30, PA+++のBBクリームなのに、分離したことで、この機能が発揮できず、日焼けしてしまった、となると大変な事態です。
お肌が焼けてしまったら後戻りできませんから、分離したBBクリームの使用はお控えください。
開封後、使用中であっても、数ヶ月以内に分離が確認された時は、メーカーにお問い合わせした方がいいかもしれませんね。交換などの対応をしてくれると思います。

使用期限が切れたBBクリームを使うとどうなるの?

BBクリームの使用期限は製造後3年ですが、3年たったらすぐに品質劣化するというわけではありません。
3年もの間、品質を保つわけですから、実際は3年以上品質劣化しません。
もし、3年以上、例えば、5年経過したBBクリームや、3年以内の使用期限つきのBBクリームを、その使用期限が過ぎて使用した場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
使用期限が過ぎてもすぐに分離や匂いの変化などの、品質劣化は起こりません。
5年経過したものでも、分離や匂いの変化がなければ、気づかずに使用してしまうかもしれませんね。
しかし、一番懸念すべきは、「防腐力」です。
メーカーは3年を目安に、その間、BBクリームが腐らないような設計(防腐剤の配合)をしますが、5年ともなると腐っていることが考えられます。
腐ってしまったBBクリームは絶対に使用してはなりません。
お肌が荒れたり、炎症したり、肌トラブルにつながります。
分離や匂いの変化がなく快適に使ってもらうために、腐敗を防止し安全に使ってもらうために、使用期限は設けられていますから、使用期限は必ず守ってお使いください。

さいごに

「未開封に限り製造後3年」が使用期限ですが、未開封、開封に限らず、製造後3年の品質を維持するために、メーカーは日々、研究に励んでいます。
ですから、極端に高温になる場所に保管しないや、メーカーが推奨する用量をよく守って、年を越さず、3ヶ月~6ヶ月で使い切るなど、ユーザー側の配慮も必要です。
特にBBクリームは他の化粧品の中でも品質劣化しやすい設計となっていますので、分離したものは使用しない、使用期限はしっかり守る、これらはいつまでも若々しいお肌を維持していくために最低限必要なことです。

-BBクリームの知識
-,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.