BBクリームの塗り方、使い方

BBクリームでムラができる!ムラにならない塗り方とは

更新日:

 

「BBクリームを塗るとムラができてしまう」

「BBクリームがムラにならない塗り方を知りたい」

なんてあなたは思っていませんか?
ちょっとしたコツを知ることでBBクリームを塗ってもムラができなくなります。
今回はBBクリームを塗ってもムラができない塗り方について解説します。

BBクリームの塗り方の基本

BBクリームには化粧下地や美容成分も含まれているので、洗顔後の化粧水で肌を整えた後に直接塗るようにして下さい。
日焼け止めも含まれているので、日焼け止めも必要ありません。
もしも日焼け止め効果をアップさせたい時には、BBクリームを塗った後にフェイスパウダーで仕上げをするので、使用するフェイスパウダーに日焼け止め効果がプラスされている物を選ぶと良いでしょう。
ファンデーション、コンシーラーの機能も備えているので、あえてプラスする必要はありません。

BBクリームのムラができる原因とは

BBクリームは、化粧下地や日焼け止め、ファンデーションといった風に何層も塗り重ねる必要がない分、簡単にベースメイクを仕上げる事が出来ます。
それでもムラが出来てしまうのは、一体何故でしょう?
これからその原因について、分析していきたいと思います。

BBクリームを塗る量を間違えている

BBクリームにはファンデーションやコンシーラーの機能が備わっているので、そんなに厚く塗る必要はありません。
ついリキッドファンデーションやクリームファンデーションと同じ感覚で、浸ける量も同じ量を使用してしまった場合には、量が多すぎて部分的にムラができてしまう事もあります。
あずき1粒ぐらいの量を少しずつ伸ばしていって、もしも足りない場合には継ぎ足していくといった風に量を微調整していって下さい。

肌が乾燥して伸びが悪い

肌が健康で理想的な表皮の状態としては、皮脂幕、細胞間脂質、NMFと呼ばれる天然保湿因子がバランスよく存在しながら、肌の水分量を一定のバランスに保っています。
でも、このバランスが崩れてしまう事によって肌内部の水分がどんどん蒸発してしまいます。
そうなってくるとBBクリームを塗っても密着度が悪いので、乾燥が激しい部分にBBクリームがしっかり乗らずにムラが出来てしまうのです。
乾燥肌によってBBクリームの伸びが悪い場合には厚く塗らないといけなくなるので、余計にムラが出来やすくなったり、時間が経過した後に化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。
肌が乾燥していると感じたら、BBクリームを塗る前に保湿効果の高い化粧水をたっぷりと浸けてしっかり乾かしてからBBクリームを塗ってみて下さい。
化粧水に水分を抱え込む作用のあるヒアルロン酸やコラーゲン、水分を挟み込む作用のあるセラミドといった保湿成分が配合されていると、乾燥している皮膚にもダイレクトに働きかけてくれます。

塗る前のスキンケアが不十分

塗る前のスキンケア不十分な場合にも、ムラになったり時間が経過した後に化粧崩れしやすくなるリスクが高まります。
化粧水だけで保湿が足りないと感じたら、保湿効果の高い美容液をプラスしてみましょう。
この時に肌が乾燥しているからと乳液や美容クリームを浸けてしまうと、それらの成分が浸透力が弱い場合には、逆にムラが出来たり化粧崩れを引き起こす原因となる場合もあります。
もしも化粧水、美容液と浸けてそれぞれの成分が肌に浸透していくまでの時間が待てないと感じたら、美容効果と浸透力の高いオールインワンジェルを活用すると良いでしょう。

塗った直後は綺麗だけど時間が経つとムラができるのはなぜ?

BBクリームを塗って時間が経過するに連れてメイクにムラが出来るのは、皮脂の分泌が盛んになっているからです。
そういった時には、BBクリームを塗る前に収斂作用の高い化粧水を使用すると良いでしょう。
収斂作用とは、皮膚といったたんぱく質を変性させる際に血管を収縮させる作用の事です。
成分にハマメリス、カキタンニン、アーチチョーク葉エキス、クエン酸などが配合されている物を選んで、しっかりと毛穴を引き締めてからBBクリームを塗っていって下さい。

指で塗った場合に指紋が付いたり線が入るのはなぜ?

それはBBクリームだけで仕上げているからです。
それだとメイクした表面がべたべたしてしまうので、ちょっと手で触っただけでも指紋がついたり線が入ってしまいます。
もしも気になるようでしたら直接指で塗るのをやめて、ファンデーション用のスポンジを活用してみて下さい。

粉っぽくなりムラができるのはなぜ?

BBクリームを塗っていて粉っぽくなったりムラが出来るのは、乾燥や表皮がごわごわしているせいです。
表皮のphバランスが整っていて適度な皮脂量と水分量を保っていた場合には、BBクリームもしっかりと密着するのですが、乾燥していたり表皮がごわごわしている場合にはすぐにムラが出来てしまいます。
表皮をつるつるさせるためにと頻繁にピーリングやスクラブばかりしていると、皮脂を取りすぎてしまって逆に乾燥肌を招いてしまうので注意しましょう。
顔のムダ毛が伸びている場合には、剃っておくと化粧のりが良くなります。
それも頻繁に剃っていると表皮にある肌のバリア機能を担っている皮脂幕まで削ってしまう事になるので、出来ればレーザーや光脱毛で永久脱毛しておく事をお勧めします。
そうすると毛穴がふさがって化粧のりの良い決め細やかな素肌をキープする事が出来ます。

BBクリームの塗り方のコツを解説

美しくベースメイクを仕上げるためには、塗り方も重要になってきます。
これからヨレないためのBBクリームの塗り方のコツについて、紹介していきます。

スポンジでの塗り方のコツ

スポンジに少量のBBクリームを浸けてから、鼻や頬の中心から外側に向けて伸ばしていきます。
この時にスポンジが汚れていたり塗れていた場合には、ヨレたり化粧崩れの原因となるので、いつもきれいに洗って乾燥させたスポンジを使用して下さい。
スポンジを洗ったら影干しをするようにしましょう。
そうしないと日光に当てすぎる事によって、逆に乾燥を招いてしまいます。

指での塗り方のコツ

指で塗る時にはまずはBBクリームを手の甲に浸けてから、そこから少量ずつ顔に塗っていくと厚塗りを防ぐ事が出来ます。
但し指を使う場合には力をこめすぎた場合に、それが毎日のメイク習慣として定着していくとたるみや小じわの原因となるので注意して下さい。
指で塗る時のメリットとしては、部分的に量をコントロールしやすい点です。
目の周りやおでこといった皮膚の薄いパーツには、少量ずつ塗るようにしましょう。

BBクリームの仕上げにはパウダーを使う

BBクリームを塗ってヨレないようにするためには、仕上げにフェイスパウダーを使用する事です。
使用するフェイスパウダーも、固形状の物よりは粉状の物の方がヨレにくいようです。
BBクリームで充分カバー力があるので、使用する時にはあくまでも軽く肌に載せる程度にしておいてから余分な粉は大きめのブラシではたいて下さい。
パフで仕上げるとフェイスパウダーをしっかりと浸ける事ができます。
ブラシで仕上げたらふんわりと薄づきで、ナチュラルメイクに仕上げる事が出来ます。
フェイスパウダーで仕上げをする事によってサラサラ感をキープしながら透明感のある肌質を演出したり、化粧崩れを防ぐ事が出来るので、ベースメイクの仕上げとして是非取り入れていって下さい

塗り直しをする時にムラにならないコツとは

BBクリームを塗りなおす際にムラにならないようにするコツは、油取り紙で皮脂をしっかり押さえてから、その上からフェイスパウダーを浸けたパフで押さえるように塗る事です。
この時にあまりフェイスパウダーを浸けすぎないようにしないと、化粧崩れする原因になります。
もしも汗をかいてメイクがほとんど取れてしまっている場合には、コットンに乳液を浸けてメイクをふき取ってから改めてBBクリームを塗るようにして下さい。
フェイスパウダーで仕上げをする事も忘れないようにしましょう。

さいごに

今回は、BBクリームを塗るとムラが出来る原因について追求していくのと同時に、ムラが出来ないようにする塗り方についても解説してきました。
メイクの仕上がりもちょっとしたテクニックによって持続力や見た目の美しさに大きく差が出てくるので、今回学習したメイクテクニックをしっかりマスターして日々の美活に役立てていって下さいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

BBクリームがよれるのはなぜ?原因とよれない塗り方を解説

BBクリームの使い方のコツはある?スポンジとルースパウダーで仕上げます

-BBクリームの塗り方、使い方
-, ,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.