BBクリームの塗り方、使い方

BBクリームとコントロールカラーの塗る順番は?混ぜるのはあり?

投稿日:

 

「BBクリームとコントロールカラーってどちらから塗るの?」

「BBクリームとコントロールカラーを混ぜるのはアリ?」

「コントロールカラーの色の使い分けってどうすればいい?」

なんてあなたは思っていませんか?

今回はBBクリームとコントロールカラーについて詳しく解説していきます。
それではどうぞ。

コントロールカラーとは

化粧下地の効果は、肌のトーンを均一に整えたり、毛穴を隠したり、ファンデーションのノリをよくする効果があります。
それにさらに色味を加えたのがコントロールカラーなのですが、主に顔色の補正をする役割があります。
コントロールカラーの色味には、ホワイト、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、ブルー、パープルと様々なカラーがあります。
使用目的やその時の肌のコンディションに合わせて色を選ぶ事ができるし、目元、頬、Tゾーンといった風に、部分的に使用するカラーを変えていきながら、顔に陰影をつける事だって可能です。
使いこなせばこなす程、モテフェイスへとシフトチェンジできるコントロールカラーの魅力と、上手に使いこなすテクニックについてこれから解説していきます。

BBクリームとコントロールカラーの塗る順番は?

BBクリームだけよりは、肌オーラ力を高めるためにコントロールカラーを活用して、肌のトーンアップを図るといったテクもあります。
BBクリームの魅力としては化粧下地、日焼け止め、美容成分、ファンデーション、コンシーラーの機能が一つにまとまって時短メイクが叶う点ですが、コンシーラーの機能がついている分、カバー力が高すぎて顔色が暗くみられがちといった欠点があるといった意見もあるようです。
それをカバーするためにお勧めのアイテムがコントロールカラーです。
これからBBクリームとコントロールカラーを同時に活用するテクニックについて、紹介していきます。

コントロールカラーを先に塗る

BBクリームとコントロールカラーのどちらにも化粧下地効果があるのですが、2つを比べてみた場合には、コントロールカラーの方が化粧下地効果が高いようです。
まずはコントロールカラーで肌のトーンを均一に整えて、毛穴を隠して、さらにカラー効で顔色を美しく魅せていきましょう。
コントロールカラーである程度肌を美しく整える事ができれば、その後に使用するBBクリームはほんの少量でもOKです。
鼻、おでこ、頬といった風に明るめのコントロールカラーを部分使いして、顔の凹凸を際立たせる事も可能です。
コントロールカラーを活用した方がより理想的な肌色に近づけるので、ベースメイクの仕上げり感をアップさせたい時には是非活用してみて下さい。

BBクリームにコントロールカラーを混ぜて使用する

BBクリームにコントロールカラーを混ぜる場合には、それぞれの成分が似た物がお勧めです。
最初から大量に混ぜておいて使用するよりは、毎回使用する分量だけそれぞれ混ぜ合わせるのがフレッシュ感をキープするコツです。
ここで注意しておいてほしいポイントが、もしもBBクリームかコントロールカラーのどちらかがアルコールフリーの場合には、成分が分離する場合もあるので注意しましょう。
混ぜて使用する際には、それぞれの成分が似た物同士、質感(水分量)が似ている物同士をセレクトするのがコツです。

そもそもコントロールカラーを使うメリットは何?

化粧下地やファンデーション、コンシーラーの機能が元々備わっているBBクリームにコントロールカラーをプラスするメリットとしては、

・顔色を明るく魅せる効果

・顔のトーンを均一に整える効果

・部分使いして顔の凹凸を強調したり、逆に目立たなくさせる効果

などがあります。
コントロールカラーのメリットとしてはいろいろな色が選べる点です。
その時の気分や肌のコンディションによって、使い分けができるので、いろいろなカラーを揃えておいて使いこなしていくとメイクの腕も上がるし、フェミニン、マニッシュ、セクシー、クール、エレガント、スイート、グラマラスといった風に、なりたい顔のイメージをコントロールカラーを活用して演出していくだって可能です。
そのためには自分の肌色をよく理解しながら、より美しく魅せてくれるカラーをセレクトしていく眼力が必要となってきます。

コントロールカラーの色の選び方とコツ

ここではコントロールカラーの色の選び方とコツを解説します。

ホワイト

肌に透明感があって、色白肌の人にお勧めのカラーです。
ホワイトといっても真っ白ではなくほんの少量だけベージュがかっていたり、シルバー系の輝きがプラスされたカラーがメインです。
ホワイト系のコントロールカラーを使用する際には、自分の肌色も明るい事、そして同時使用するBBクリームのカラーも極力明るめを選ぶのが白浮きしないコツです。

イエロー

くすみを抑えながら、明るい健康的な肌色へと導いてくれます。

ピンク

血色をよくして、乙女っぽい雰囲気をプラスできます。
普段から顔色が悪い人にお勧めのカラーです。

グリーン

赤みを抑える効果があるので、日焼け後や汗っかきさん、赤ら顔の方にお勧めのカラーです。

オレンジ

目の下のくまを隠したり、血色をよく見せる効果があります。

ブルー

肌に透明感を与えながら、クールビューティーな肌へと導いてくれます。
肌のくすみが気になる方や寝不足の顔のダメージを解消したい時にお勧めのカラーです。

パープル

透明感アップ、ノーブルなイメージに仕上がるのでお勧めです。
ブルーに比べると、肌なじみが良いカラーです。

コントロールカラーを塗る時のコツ

コントロールカラーを塗る時のコツは、ファンデーション用のブラシ、もしくはファンデーション用のスポンジ(できれば角がとがっているタイプ)で少量ずつ塗っていく事です。
全体的に伸ばして塗った後にパーフェクトにカバーしていなくても、その後にカバー力の高いBBクリームを塗るのでそんなに厚く塗る必要はありません。
コントロールカラー、BBクリームどちらともカバー力が高いので、薄く塗る事がナチュラル感をアップさせるコツです。

さいごに

今回はBBクリームとコントロールカラーのコラボレーションでベースメイクを仕上げるコツについて解説してきました。
コントロールカラーもカラー展開が豊富なので、その時の肌のコンディションや季節別、部分使い用に数種類色を揃えておいて、上手に使い分けていくとより理想的なベースメイクが叶います。
女子力が高い人程コスメもフレキシブルに使いこなしているので、BBクリームと同様にコントロールカラーも上手に使いこなしていきながら、メイクの達人を目指していって下さい。

-BBクリームの塗り方、使い方
-, , ,

Copyright© 40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.