BBクリームの知識

クレンジングをしてもBBクリームが落ちないのはなぜ?

投稿日:

 

「クレンジングをしてもBBクリームが落ちないんだけど、どうして?」

そういう悩みはありませんか?

メイクを行ったその日の最後にはクレンジングを行ってメイク落としを行う必要性があります。

何故なら、肌にメイクが残ったまま放置してしまうと様々な肌トラブルの原因となってしまうからです。

クレンジングを面倒に思うこともあるかもしれませんが、余計な肌トラブルを引き起こさないようにする為にはめんどくさくてもクレンジングを行うべきでしょう。

しかし、何故かクレンジングを行ってもしっかりBBクリームが落とせていないというケースが多くあるようです。

元々BBクリームは洗顔などでは落ちにくい化粧品なので、洗浄力があるクレンジングの方がBBクリーム落としに役立ちます。

ですが、それでも落ちない場合は何かしらの問題があるかもしれませんよ。

そこで、なぜクレンジングをしてもBBクリームが落ちないのかについてご説明します。

原因や対策を学んで上手にBBクリームを落としていきましょう。

なぜBBクリームをクレンジングで落とす必要性があるの?

「BBクリームを落とすだけなら洗顔でも良いのでは?」

……と思われるかもしれませんが、実はBBクリームは意外と落ちにくい化粧品なのです。

適当なメイク落としを行っていては肌にBBクリームが残ったままになってしまいますし、肌トラブルを発生させかねません。

BBクリームはクレンジングで落とすべき!

BBクリームというのは本来、肌への密着度が高い化粧品です。

肌に限りなく密着したBBクリームを落とすのは意外と難しく、洗顔だけで済ませるのは間違っていると言えるでしょう。

洗顔は肌の表面の汚れなどを落とすことが出来ますが、密着したBBクリームを落とし切るのに適していません。

また、洗顔料の中にも化粧品を落とすのに特化したものがありますが、どちらにしてもクレンジングの方が化粧品を落とすのに役立っているのが現状です。

さらにBBクリームには紫外線吸収剤や油性成分が含まれていることもあり、洗顔だけでそれらを洗い流すことは出来ません。

したがってBBクリームはクレンジングで落とすのが最適だと言えるでしょう。

もし肌にBBクリームが残ったままだとどうなる?

もしも洗顔やクレンジングを行ってもBBクリームが落とし切れずに放置してしまった場合、様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

肌に残ったBBクリームはそのまま毛穴に入り込んでしまい、皮脂が表面に分泌されずに詰まってしまいます。

毛穴の奥に詰まった皮脂は、やがて毛穴の黒ずみと共にニキビを発生させたりと見た目が悪くなってしまうような肌トラブルに見舞われる恐れがあるでしょう。

肌に残ったBBクリームを放置しているだけで問題になりやすい肌トラブルが発生してしまう為、クレンジングで落とし切るのは何よりも重要なことなのです。

クレンジングを行ってもBBクリームが落ちない理由とは?

BBクリームは洗浄力があるクレンジングで落とすのが最適ですが、クレンジングを使ってもBBクリームが落とし切れないケースがあります。

洗顔でも落とし切れないのにクレンジングで落とせなかったら何で落とせばいいのかと疑問に思いますが、クレンジングでBBクリームが落ちないのには何らかの問題があるでしょう。

クレンジングでBBクリームが落とせなかった原因として、

・洗浄力が弱い

・クレンジングの使い方を間違えている

以上の2つが挙げられます。

クレンジングに問題アリ!?

クレンジングを使ってもBBクリームが落とし切れなかった場合、使っているクレンジングに問題があるかもしれません。

まず、クレンジングが肌に合わないことが挙げられます。
肌に合わないクレンジングを使い続けていても肌に良くない影響を与え続けることになる為、いかに自分の肌に合っているクレンジングを使うかどうかがカギとなるでしょう。

また、次にクレンジングによる洗浄力の強弱も関係しています。

肌の質にもよりますが、洗浄力が弱いほどBBクリームを落とすのに時間がかかってしまい、肌に馴染むまでの時間もかかるので余計に負担をかけることになります。

クレンジングオイルのような洗浄力が強いタイプもお勧め出来ますが、クレンジングの中で最も洗浄力が強いことから毎日使っていると肌に必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥しやすくなってしまうでしょう。

クレンジングの使い方が間違っているかも?

自分の肌に合うクレンジングを選んだところで、使い方が間違っていては意味がありません。

BBクリームが効率良く落とせないばかりか、肌にも悪影響を与えてしまうので注意する必要性があります。

特に注意しておきたいのは、

・肌をゴシゴシと擦る

・濡れた手でクレンジングする

・適量ではない

以上の3つです。

まず、肌をゴシゴシと擦るのは肌にとってもNGです。

肌をゴシゴシと擦ると肌に多大な負担をかけてしまい、シミやたるみといった肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
元々クレンジングは擦って落とすものではなく、肌にクレンジングを馴染ませてメイクを浮かせてから洗い流すものです。

ゴシゴシと擦ったからといって素早く落とすことが出来るものではないので、肌を擦るのは絶対に止めましょう。

そしてクレンジングは濡れた手で行うと洗浄力を低下させてしまいます。

クレンジングに水分を混ぜると乳化させることになり、洗い流しやすくなりますが洗浄力を落とすことになるのでBBクリームを効率良く落とせなくなるかもしれません。

また、クレンジングの適量を守らずに使った場合、もちろんBBクリームを効率良く落とせなくなります。

クレンジング剤を長持ちさせようと少なめに使うのは構いませんが、それだと十分な洗浄力が発揮されずに肌にBBクリームが残ったり、逆に肌の負担になってしまう恐れがあるでしょう。

だからといって適量以上のクレンジングを使った場合、仕上げのすすぎに時間がかかってしまい、肌に余計な負担をかけることになってしまうので必ず適量を使うようにしましょう。

クレンジングが必要なBBクリームの場合は?

BBクリームの種類の中には、クレンジングを行う必要がないタイプがあります。

この場合、面倒なクレンジングを行わずに洗顔だけでBBクリームが落とせると謳っているのが特徴です。

しかし、いくら洗顔だけで落とせるといっても全くクレンジングが必要ないというケースはあまりないでしょう。

クレンジングが必要になるかは肌の状態にもよりますし、確実にBBクリームを落としたいならクレンジングを行う必要性がありますね。

BBクリームを落とし切るなら、ファンケルのマイルドクレンジングオイルがお勧め!

現在使っているクレンジングでBBクリームが落とし切れないのであれば、ファンケルから提供されているマイルドクレンジングオイルがお勧めです。

上記で説明した通り、クレンジングオイルは洗浄力が強いことが逆にデメリットになりますが、マイルドクレンジングオイルはそのデメリットを克服したような大きな特徴があります。

では、様々な特徴についてご紹介しましょう。

塗れた手でも使える上に擦らずにメイクが落とせる!

マイルドクレンジングオイルの特徴は、

・擦らずにクレンジングが出来る

・濡れた手でも使える

・毛穴の汚れも落とせる

・しっとりとした洗い心地

以上が主なポイントです。

「濡れた手でクレンジングを行うと洗浄力が低下する」

「洗浄力が強いクレンジングを使った後の乾燥が心配」

「なるべく肌に負担をかけたくない……」

以上のような悩みを持つ人でも安心して使えるのがマイルドクレンジングオイルです。

マイルドクレンジングオイルは非常に伸びがいいので擦らなくてもするするとメイクやBBクリームが落とせますし、仕上げのすすぎもあっという間に終わることから肌に負担をかけにくいでしょう。

また、洗い上がりもしっとりとしており、洗浄力が強いクレンジングオイルならではの欠点も克服出来ていると言えます。

毛穴に入り込んだBBクリームだけでなく、皮脂や汚れなども一緒に洗い流せるので一石二鳥です。

さいごに

BBクリームは下地としても保湿化粧品としても使えるなど便利なメリットが目白押しですが、その分しっかりと洗い流さなければなりません。

洗顔はもちろん自分に合ったクレンジングで落とし切らなければ、余計な肌トラブルを発生させる恐れがあるでしょう。

正しくクレンジングを使って満遍なくBBクリームを落としていく必要性がありますね。

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.